脱毛は事前の情報収集で他人と差をつけよう

11-2

脱毛に対する意味のない先入観と情報収集

脱毛を決意したものの、知識なんかあるわけがありません。
女性ならそんなこともないのでしょうが、私は男性がするものという意識も薄かったからです。
毛が濃いのは、何も珍しいものではない、そう思っていたからこそ、いろいろな先入観が邪魔をしていました。

さっぱりわからない脱毛

メンズ脱毛は、それこそチャラ男がするようなものと思っていました。
だから、自分でもやってみようなどと思うことは思ってもいなかったのです。
男なのだから、毛深いのは当然だろうというのは、それこそ自然な発想でしょう。
昔はひげを生やしていることが、男としての証明だったのですからといっても、時代が違うのですからいいわけにすぎません。
そんな状態ですから、知識はゼロです。
あまり男性誌を読んだりすることもありませんし、テレビはありますが帰ってきてからもほとんどでみていませんでした。
いったいどんなところがあるのか、方法どころかどんなところでやっているのかも知らなかったのです。
世の中の男性の大半は、こんなところでしょう。

脱毛に対する先入観と恐怖

実は私、携帯はガラケーです。
仕事でPCの画面を見ることが多く、スマホを持つ必要もありませんでした。
家でもタブレットがあれば問題はなしということで、そこから調べることにしたのです。

まずわかったことは、専門用語なのか、意味の分からない言葉が並び、それが理解できないということでしょう。
私の頭の中には、毛を抜いて処理するというのがあったのです。
脱毛自体を知らないのですから当然なのですが、ガムテープのお化けのようなもので処理するんだろうと思っていました。
腰が引けてしまっていたのも、こうした施術方法だと思っていたことが大きかったでしょう。
普通に考えて、だれでも恐怖です。
恐怖じゃないほうが異常です。

さっぱりわからないから知識をつける

まずは知識をつけようと考えました。
何もわからないんですから、まずはわかるようにしなければいけません。
インターネットはありがたいもので、調べようと思えばいくらでも出てきます。
ただし、さっぱりわからないことが多すぎて、いったい何がいいのかもわからなかったのです。
当たり前なんですが、金額も安いのか高いのか、さっぱりわかりませんでした。
でも、そこで気がついたのが、お試しの脱毛です。
とにかく一回やってみたほうがいいんじゃないか。
そう思うようになったのも、無料お試しということが目についたからです。